たった一人に響く価値のある記事を提供しよう!

どうも! たかぽんです!

 

今日は前回の続きです。

「ワンクリックキッシュ戦略」 BY ブライアン・G・ジョンソン

を読んで学んだ事をシェアしますね!

 

「インターネットの黄金律」とは


 

「人が欲しがってるものを探り当ててそれを差し出す事」

シンプルですがこの言葉に尽きます。

例えば砂漠で喉が渇いた人がいます。

 

その人の前に立ってペットボトルの水を差しだせば
必ず買いますよね!

 

それも高い金額でも!

 

なので最初にどのような人に何を売るかを決めるのが大事です。

 

価値のある情報を提供しよう!


 

ウェブで情報発信するときは常に

「この情報は役に立つか、
それとも価値を与えるか」

と自らに問いかけそれに対して正直に答えよう!

 

自分が書きたい事より相手が読んで価値を感じるものでなければ

意味がありません!

一人でもいいのでその人に響く記事を書きましょう!

 

誰にも響かない!?


 

多くのマーケターが売り上げの向上を目指して
万人にアピールするという間違えを犯している。

 

万人へのアピールは裏を返せば誰にも
アピールしていないことと同じであり、

 

結果的に本来のオーディエンスを遠ざける。

 

 

これもさっきの言葉と同じような事で

ペルソナを細かく設定し、

その人だけに響くように書くと

その人が欲しい思うような記事が書けるので、

誰にも響かない記事ではなく

ある一定の人に伝わる文章になる。

 

解決策を提供できてますか?


 

ユーザーが問題を解決しようウェブを検索していて

コンテンツにたどり着くという事を忘れてはならない。

解決策を提供したうえに、

楽しませることもできれば

 

さらに多くの人がブログに再びアクセスし、
内容を共有しメーリングリストに
登録するはずである。

 

ユーザーがあなたの記事やサイトに
たどり着いた理由は、

 

何かを解決したいと思ってきたと思うので

 

その期待に応えたものを提供できれば
満足してもらえるし、

 

また来てもらってファンになってもらえば
信頼関係が構築され
いつか商品を紹介するだけで買ってもらえるでしょう!

 

まとめ


・インターネットの黄金律とは人が欲しがってるものを探り当ててそれを差し出す事

・価値のある情報を提供しよう

・解決策を提供しよう!

たかぽんでした!

前の記事➡売り込まなくて買ってもらうには○○が必要

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です