ブログ集客の為のSNSマーケティング

どうもたかぽんです!

今日はブログ集客につなげる為に

SNSをどのように効果的に

使えばいいかという切り口で

考えてみたいと思います。

SNSは基本、「情報収集」と「交流」するもの

まず

SNSとは主に

フェイスブックツイッター

インスタグラムラインなどが

あると思いますが、

くれぐれも直接商品を売り込もうとしないでくださいね!

なぜかというと、

ユーザーの利用目的は基本

情報収集」と「交流

と言われてます。

なのでSNSブログメルマガに誘導するものだと思ってください!

 

そしてブログやメルマガで売り込んでください。

 

SNSをやる目的はファンづくりとブランディング

 

では具体的に何をしていけばいいのかというと

役に立つ情報を提供し、心のこもった交流をするということです

 

そしてファンになってもらいます。

 

あとブランディングツールでもあります。

 

どのような人間か知ってもらい信頼してもらうことが大事です。

 

信頼されれば商品を紹介したときに購入してもらえる事につながります。

 

ではどのようにすればブランディングできるのかというと

面白くてためになる情報を出しまくるのです。(大変ですが^^;)

この人すごいと思わせたら完璧です。

その分野の専門家と思われます。

 

SNSを使う目的をまとめると

 

1.集客に使う(ブログなどに誘導する)

2.ブランディング(自分を知ってもらい信頼を得る)

3.ファンを作る(共感される文章を増やしていくと、やがて熱心なファンに変わる。)

 

ちなみに

人気ブログを作る最大の秘訣は、圧倒的に自分自身をさらけ出すこと

元祖ブログ女王こと眞鍋かをりさん

だそうです。

 

人は「自己開示」をしてくれた相手に対し心を開く傾向があります。

ブログメルマガの読者は

最初はコンテンツ目的できますが、

やがてコンテンツから

書き手自身や書き手の人間性に興味が移ります。

 

ファン心理としてプライベートが知りたくなります。

自己開示して自分らしさをどんどん出していってください。

 

個性を出さないとつまらないし他の、100あるブログと一緒になってしまいます。

SNSでの良い文章の書き方

 

SNSは上手な文章は入りません。

共感を呼ぶ文章が歓迎されます。

なので上手な文章より伝わる文章を心がけてください!)

 

・自分の頭に浮かんだことを書く。

(直感的に書いた文章は共感されやすい)

 

・共感する文章を書く

(共通話題に自分の意見加えると「共感」を得られる文章になる。)

 

・ある1人に書くと万人に伝わる

(誰に伝えたいのか明確にする。)

(自分のよく知っている1人をイメージして書く)

 

読むか読まないかはタイトルで決まる。

(せっかくいい記事を書いてもタイトルが悪いと読んでもらえません。)

 

・熱意を込めて書くと熱意のこもった文章になる。

(気持ちが文章に出てしまうので気持ちが入ってる状態の時に書く事が大事)

その他気をつけること

 

いいね!やコメントをどんどんしましょう!

「返報性の法則」という心理法則が働いて

いいね!やコメントをしてくれるようになります。

まずは自分から動きましょう!

 

ネタ集めに使えるワザ

Googleアラートを使って自分の集めたいネタをまとめてもらいましょう!

 

悩み集めには

・はてな

OKWave

・おしえて!goo

・ヤフー知恵袋

などからユーザーの悩みを集めましょう!

 

その他の話す切り口としては

ニュースなどをみてそれをどう感じたか、

何を感じたのかコメンテーターになったつもりで

書いてみる。

 

共時性やスピード交流が重要なので、

共通話題に対して今考えてることをつぶやいてみる

(サッカー、野球、ニュースなど)

 

・「今」を意識した「現在進行形」の投稿をする事が大事。

コメントなども早く反応すると交流が深まります。

 

まとめ(ブログ集客の為のSNSマーケティング)

 

SNSは基本、「情報収集」と「交流」するもの

SNSをやる目的はファンづくりとブランディングと集客

まずは

1.ためになる情報を発信し、共感を得る。

2.読者と密に交流しコミュニケーションをとり信頼を獲得する。

3.ブログなどの集客に使う

4.メルマガなどで商品を紹介してマネタイズする。

 

ブログは情報発信がメインSNSは交流がメインでいきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

たかぽんでした!

 

 

 

コメントを残す

Or

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です